わろてんか24話(動画有)「女もののふ」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第4週なう! > わろてんか24話(動画有)「女もののふ」感想

わろてんか24話(動画有)「女もののふ」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想24話)について書いています。 わろてんか23話の動画・感想で、てんのところに母・しずがやってきて励ましました。



その続きとなるわろてんか24話は「女もののふ」になります。どんなに苦難でもてんがあきらめない覚悟だったからつけたタイトルです。



わろてんかの24話の感想をお伝えする前に、まずは24話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか24話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第24話の感想

てん(葵わかな)のもとにしず(鈴木保奈美)が訪れ、祖母ハツ(竹下景子)が一針一針縫いこんだ白い喪服を託されるのでした。藤吉(松坂桃李)と添い遂げると誓ったてんですが、いつの間にか着物が無くなっていました。



トキ(徳永えり)は楓(岡本玲)がやったのではと勘繰りますが、てんはとにかく着物を探します。庭に泥だらけの着物を見つけます。ほんとうに楓かな?



藤吉は店の事をしっかり勉強したいと思うのに、母・啄子(鈴木京香)は自分以外の人間に、細かい店の金勘定を任せられないみたいです。



まあ未熟な藤吉じゃあまだまだ信用できないのは、視聴者はわかるんですが、自分が店を!と思っている藤吉には納得いかないですよね。



そんな時、トキとてんが楓の部屋を掃除していて、本の隙間に隠す様に挟み込んでいた与謝野晶子の「みだれ髪」の歌集を見つけます。 当時苛烈で女性の生きざまを赤裸々に描いたみだれ髪は、はしたないとされていたんですね。



今でもドキッとするもの多いですし、この時代ならなおさらでしょう。 恋の歌に嫉妬をした楓が着物を汚したんだというトキに、楓が現れて「じぶんがやった」と告げて去ってしまいます。しかしてんはその態度が気になって楓を追うのでした。



すると藤吉の姉・頼子(西村亜矢子)が質屋でがっくり肩を落としています。声をかけると、父の形見を見てもらったが偽物だった、もう家には金目のものは何もないというのです。



え?あんな大きな店なのに、何もないの?それって頼子が売りまくったからじゃなくて?気になりますね。そのついでのように「着物の事ごめんな~うらやましかってん~」と…。



犯人が楓でない事に安心して笑い、頼子にお礼すら言っちゃうてんが可愛いなぁ。一人佇む楓に声をかけ、落した歌を渡します。



楓も本当は歌人になりたかったのです。 恋に憧れ、自分の歌を詠みたかった。けれど誰も彼女の言うことなど耳を貸してくれず、楓自体も諦めて、北村屋で自分の居場所を作ろうとしたのでしょうね。



しかしてんに夢を後押しされ、まっすぐ藤吉と添い遂げる事を夢見るてんに、楓もやっと笑顔を見せるのでした。楓は北村屋を去りましたが、啄子はだからと言って油断するなと強くてんに告げます。



藤吉は店の事で何やら気になる事があるようで坂東を探していましたが、そんな矢先店先に怪しげな男が啄子を訪ねてきます。はたして北村屋にはなにが?わろてんか24話の動画・感想はここまで。わろてんか25話の動画・感想へ

PAGE TOP