わろてんか21話(動画有)「商い勝負と始末の極意」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第4週なう! > わろてんか21話(動画有)「商い勝負と始末の極意」感想

わろてんか21話(動画有)「商い勝負と始末の極意」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想21話)について書いています。 わろてんか20話の動画・感想で、てんと楓の商い対決をすることを命じられます。



その続きとなるわろてんか21話は「商い勝負と始末の極意」になります。てんは、商い対決に勝利し商いの教えを藤吉の母から教えられたからタイトルにしました。



わろてんかの21話の感想をお伝えする前に、まずは21話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか21話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第21話の感想

てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)の実家で、藤吉の母・啄子(鈴木京香)に結婚を認めて貰えず、女中生活に精を出していました。啄子は自分が選んだ楓(岡本玲)を嫁にしたいのです。



そこで二人を競わせ、買った方を認めると言い出しました。その頃、藤吉が古米や外米を法外な値段で買わされて、たくさんの在庫を抱えてしまったのです。うわ…藤吉何やってんの。



芸人の時同様その不器用さは商人にも発揮されるようですね。てんと楓の商い勝負は、そのだぶついた古米と外米を売って、マイナスを取り戻せというモノになりました。



てんははちまき締めて「買っておくれやす」と声を張り、通りを行く人に声をかけますが、一向に客が寄り付かず、楓は米の後ろに立っているだけで、客が並んでいます。



茫然とするてんに啄子は商品の後ろに立って客に品物を見せる、客の気持ちになれと言います。楓は船場の生まれ、大阪の人の気風に合った商売が出来るのですから、てんは少々劣勢です。



てんは負けまいと必死に自分を奮い立たせ、知恵を絞ります。トキ(徳永えり)にアドバイスをもらい、くせのある古米はレシピを提案して、試食させて売り込み、外米は大阪ではやり出したカレーを試食に用意して、外米の有効法を提案します。



この時代にカレーってあったんですね。人が集まり、売り切ったてん。北村屋の従業員も和気あいあいとカレーを口にするのです。その様子に啄子は北村屋が掲げる「始末 才覚 算用」という家訓について説明を、天に付けてあげるのでした。



そうして「この勝負あんたの勝ちや」と伝えます。始末はケチではない。ムダを無くして、利があると見抜けたなら思い切り使う。なるほど、てんはお団子やカレーにお米を使い、客に振舞いましたがその損した分、古米外米を売ることでプラスに出来たわけですね。



それが正しい姿だと啄子に教えられ、自分の勝ちを知ったてんの表情は明るいです。思わずてんに始末の極意を教えてしまった啄子が悔しそうで可愛いなぁ。逆にてんに色々フォローされた藤吉は、自分のふがいなさに落ち込んでいます。



そんな彼に楓は惚れたハレたの相手と結婚なんて無理が出る、自分を選んでほしいと願い出るのでした…。楓も必死なんですね。



さて、藤吉とてんは、そして北村屋はどうなるのでしょう。 あら、風太(濱田岳)どうして大阪に?わろてんか21話の動画・感想はここまで。わろてんか22話の動画・感想につづく。

PAGE TOP