わろてんか20話(動画有)「てんのお女中生活のはじまり」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第4週なう! > わろてんか20話(動画有)「てんのお女中生活のはじまり」感想

わろてんか20話(動画有)「てんのお女中生活のはじまり」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想20話)について書いています。 わろてんか19話の動画・感想で、てんのライバルとして許嫁の楓がいることがわかりました。そして、女中としてならてんを置いてくれるようになります。



その続きとなるわろてんか20話は「てんのお女中生活のはじまり」になります。てんは、女中として厳しい扱いを受けます。 わろてんかの20話の感想をお伝えする前に、まずは20話の動画を下記からご覧ください。



いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか20話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第20話の感想

てん(葵わかな)は藤吉(松坂桃李)とともに藤吉の実家にやってきました。藤吉の母・啄子(鈴木京香)に反対され、挙句「女中としてなら置いたげます」と言われてしまいました。



それを笑顔で受け入れ、女中部屋に追い込まれてしまったてん。女中仲間にも冷たくあしらわれながら、てんの大阪での生活が始まりました。



啄子は特段いやらしく躾けるわけではありませんが、始末屋の彼女にとって使用人には贅沢をさせないため、お嬢様だったてんにとっては厳しい毎日のようです。 使用人の食事場所には臭い漬物をおいて、食欲を減らすなんて、すごい発想力ですよね。



使用人の洗濯物には石鹸すら使わせず、なれないてんの手の皮は剥けてしまい血が…。 思わず藤吉に泣きつこうとしたてんですが、藤吉もなれない番頭修行に精を出していました。



てんは自分もここに馴染もうと踏ん張ります。 てんの母・しず(鈴木保奈美)の気遣いで、てん付きの女中トキ(徳永えり)が北村屋にやって来て、てん付きとして働くと言います。



誰も知り合いのいない大阪で、てんにとってはトキの存在も心強いですよね。 しずさんナイスアシスト!お嬢様とは言え、人への気遣いや薬屋の娘としての知識を使い、てんもすこしずつ北村屋の使用人たちに馴染んできました。



啄子が藤吉の嫁にと用意した楓(岡本玲)には、てんが北村屋に馴染んできたことが面白くありません。楓もいつも不機嫌そうな顔か、すました顔をしていないで、柔らかに生きればいいのに…。



反対にてんはどんな小さなことにも笑って乗り越えようし、それを藤吉も支えようとしてくれます。北村屋の人間も啄子のほかに藤吉の姉・頼子(西村亜矢子)がおり、嫁いだ身ではありますが、何かと帰って来ては人にものを強請っているようです。



藤吉が実家には笑いが無く、冷めていて苦しかったと依然言っていましたが、そういう人ばかりが集まってしまった家族だったんですね。



てんが居るだけで笑いが絶えなかった藤岡屋とは本当大違いのようです。わろてんか20話の動画・感想はここまで。わろてんか21話の動画・感想へ。

PAGE TOP