わろてんか7話(動画有)「忘れよし」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第2週なう! > わろてんか7話(動画有)「忘れよし」感想

わろてんか7話(動画有)「忘れよし」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想7話)について書いています。わろてんか6話の動画・感想で、てんは藤吉から手紙をもらってそれをよむのを楽しみにしてます。その続きとなるわろてんか7話は「忘れよし」になります。



母のしずからてんに藤吉のことを忘れるように言ったからタイトルにしました。わろてんかの7話の感想をお伝えする前に、まずは7話の動画を下記からご覧ください。



いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか7話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第7話の感想

わろてんか7話は、てんが年頃の女の子になったところから始まります。朝ご飯を作りながらおかずの具を顔のよう並べて、てんと妹・りんが笑っています。てんはお魚を焼いているのを忘れていたようで、焦がしてしまいました。



朝食で、祖母・ハツがてんの焼いたお魚を褒めてくれました。ハツはてんをそろそろお嫁に出したいようですが、父・儀兵衛は「物には順序がある」とハツに言い返します。



兄・新一は少しむせた後、薬学の勉強があるのでまだ結婚する気はないと言い切りました。そこへ挙動不審の風太が現れて、てんは風太が隠し持っていた藤吉からの手紙に気づいて、手紙を受け取ろうとしますが渡してくれません。



そこへてんの女中・トキが現れて、風太から強引に手紙を取り上げて、てんに渡してくれました。てんは学校へ向かう途中で、女中とりんに手紙の人に恋していると指摘されて、少し慌てていました。



手紙では藤吉はファンが増えている様子で良い役ももらったと報告していました。「日本一の芸人になったら、てんに会いに行く」と手紙に書いてありました。



同じ一座のリリコは藤吉のてんへの手紙を取り上げて読むふりをしていますが、字が読めないようで、てんへの手紙と気づいていない様子でした。



てんが笑いながらその手紙を読んでいると、友人たちが興味津々で恋文かと詳しく知りたくて詰め寄ってきます。てんが相手は「芸人さん」というとお嬢様な友人たちは、引いていました。



そこで先生に手紙を取り上げられて、母・しずが呼び出されてしまいます。手紙の事がしずにバレてしまい、てんは家のために嫁に行くので藤吉の事を「忘れよし」と言われてしまいました。



一方、儀兵衛は取引先で会社同士を強く結びつけるために、家と家を結んではどうかと言われました。儀兵衛は新一を相手の娘さんと結婚させようかと提案しますが、相手は含みのある笑顔で何か言おうとします。



新一は咳をしながら、無理して研究を続けていました。いつか倒れてしまいそうで心配です。てんはしずに「忘れよし」と言われて落ち込んで居ました。そこへ慌てて帰ってきた儀兵衛が大声でてんを呼んで、てんの部屋に駆け込んできました。



写真を見せて「お前の婿さんや。よかったな。」と言って笑っていました。てんがびっくりしているところでわろてんかの7話の動画・感想はおしまいです。わろてんか8話の動画・感想へ

PAGE TOP