わろてんか第151話の感想「わろてんか」

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんか26週の動画・感想 > わろてんか第151話の感想「わろてんか」

わろてんか第151話の感想「わろてんか」

北村の青空舞台は社員芸人総出で、開演となりました。

風太(濱田岳)は出番の準備をしている面々に、発破をかけます。
特に藤吉(松坂桃李)役の田口に厳しい口調で気合を入れさせようとするので、トキ(徳永えり)には叱られる始末です。

てん(葵わかな)はみんなに肩の力を抜いて笑いの神さん付いているからと励まします。

田口は緊張のあまり逃げようとして、何処からか「まてまて、どこ行くんや」と声がかかります。
驚く田口。

楓(岡本玲)のナレーションで舞台の幕が上がります。

上がりまくった田口をてんは必死にフォローします。

てんはてん自身の役、亀井も、そこへ寺ギン役の四郎(松尾諭)が出て来て、芸人を使う事に対してのやり取りでもふいに田口の声が藤吉の声に変わります。

驚くてん。
なんと田口のはずが藤吉は藤吉本人になっていました。
しかしてん以外誰も驚いていません。

芝居は進みます。

キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)、リリコ(広瀬アリス)も自分の役出て来て観客から拍手が起こります。

北村の歴史を濃縮した舞台は、モデルとなった吉本の吉本新喜劇をモチーフとした笑い満載の舞台です。

伊能(高橋一生)の役には隼也(成田凌)が出てきます。


大盛況で舞台は終わり、藤吉は田口に戻っていました。

てんは舞台のシメの挨拶で、「今がどんなに辛くても笑うからこそ幸せになれると信じている、もし隣にしょんぼりしている人がいたら、手を取ってわろてんかと言ってあげてほしい」と気持ちを伝えました。


みんながいなくなった舞台で、藤吉とてんは語り合います。
またここから百年先目指して頑張ると言うてん。
てんだったら大丈夫だという藤吉。

その言葉にてんは微笑み「藤吉はん、これからもわろてんか?」と言い、藤吉も「よろしゅう頼んます」と返しました。
2人の上にどこまでも続く空に、白い文鳥が羽ばたきました。


終わってしまいましたね。
色々悲しい事も有りましたが、笑いは薬、悲しくとも辛くとも、笑って幸せを掴もうと言うとてもわかりやすく優しい朝ドラだったと思います。
次作の朝ドラ「半分青い」も楽しみですね。


追伸

新しく始まった「半分青い」のあらすじやネタバレが気になるあなたは下記からご覧ください。かなり詳しく書かれていますよ。

半分 青いのあらすじ

PAGE TOP