わろてんか第148話の感想「戦争が終わって」

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんか26週の動画・感想 > わろてんか第148話の感想「戦争が終わって」

わろてんか第148話の感想「戦争が終わって」

昭和20年八月、太平洋戦争の終結が、国民に知らされました。

その一月後、てん(葵わかな)たちの元に風太(濱田岳)が現れました。
芸人たちの安否はまだわからず、隼也(成田凌)の情報もないようです。
てんは大阪に戻ることを決意します。
終戦したとはいえ、焼け野原になった大阪はまだまだ危険な場所で、皆が滋賀に残るよう言いますが、てんは芸人たちが帰ってきた時にも自分が風鳥亭に居たいと言うのでした。


崩れた風鳥亭の前に、てんは言葉を震わせ、藤吉に謝ります。

そこへ楓(岡本玲)が現れます。
親戚の元に家族とともに無事に暮らしていたようです。
漫才の台本を大切に守っていた楓は、てんにそれを渡します。
しかし、彼女は家族の世話があり、てんのもとにかえって来るわけにはいかないと涙します。
幾人かの芸人からも手紙が残されており、芸人を辞めて田舎に帰る、相方を無くして芸人を続けられないなどを告げられていました。

落ち込むてんに、風太は笑いの神様がへそ曲げると叱咤します。

そこへ、安来節乙女組のとわが駆け込んできました。
無事を喜ぶてんと風太は、他のメンバーの安否を聞くと、なつとあやは安来に帰っていて無事のようですが、都は神戸で空襲にあい、亡くなってしまったと涙ながらに告げます。

てんはとわを抱きしめます。

風太がまた踊るかととわに聞くと、今は食べる事も出来ないと、田舎に帰る事にしたようです。

そこへ曲芸師の佐助も顔を出します。
しかし彼も空襲で足をやられていて、曲芸は出来ない、田舎に帰ると伝えられました。


風太とてんと二人、ため息を吐きます。

たくさんの芸人を亡くしてしまったてんたちは喪失感に苦しみます。

泣きながらみんながいなければ寄席にならないと言う風太。

それでも二人は信じて待とうと心に決めます。

夜、てんは鈴を鳴らして藤吉(松坂桃李)を呼びますが、彼は出て来てくれませんでした。

藤吉を呼ぶてんの声を、隣りの部屋で風太も辛そうに聞いています。


翌年の春。
風太とてんは風鳥亭の前ですいとんを売って過ごします。
しかしガラの悪いやからがてんから売上を奪おうと絡んできます。
すると背広の男が輩たちを倒してしまいました。

これは、もうずっと昔、てんに同じことが起こりましたよね。

そう、てんの元に伊能(高橋一生)が帰って来たのです!
六年ぶりの彼との再会に、てんと風太はとても喜びました。

PAGE TOP