わろてんか第147話の感想「風太は家族のために生きて」

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんか26週の動画・感想 > わろてんか第147話の感想「風太は家族のために生きて」

わろてんか第147話の感想「風太は家族のために生きて」

てん(葵わかな)たちが滋賀の舞原に疎開中、大阪は大空襲となってしまいました。
風太(濱田岳)や大阪に残った芸人たちを心配せずにはいられないでしょうね。


トキ(徳永えり)は天満の風鳥亭に傳保を打っていたようですが、返事がないまま一週間がたったようです。
心配して暗い顔をしているトキにてんは、笑いの神様が付いている風太のために、笑って神様にお供え物をしようと言います。
子どもたちも遊びを見つけて笑っていました。
トキもつばき(水上京香)も夫を心配して暗い顔をしていた自分を奮い立たせ、子どもたちと福笑いを始めました。

しかしそこへ横山(西川きよし)が、そんなに笑いたかったら出ていけと強くしかりつけます。

りん(堀田真由)に話を聞くと、横山も昔はよく笑う人間だったそうですが、孫が兵隊にとられてしまい、笑わなくなったと言います。

周辺の人間も何人もビルマなどで戦死していることから、毎日胃が痛い思いをしている横山。


てんは薬草を干して整理している横山に話しかけます。

自分の息子が兵隊に出ている事で、ほんとうは毎日苦しくて泣きたいと本音を漏らすてん。
けれど泣いて息子が喜ぶのかと考える。
病気で亡くなった兄の話もします。
人生は思い通りにならない、辛いことばかりだからこそ、辛い時こそ笑うんだと言う兄の言葉を横山に教えるのです。

横山にも「笑う門には福来るか」と理解してもらえたようです。
子どもたちと福笑いを横山は笑いながらいっしょに始めてくれます。

皆で大根だけのおかずを並べ、明るく夕飯を取るてんたちのところに、ボロボロになった風太が現れます。
泣きながら抱き着くトキと娘の飛鳥。

トキと飛鳥の笑顔のために、生き延びたという風太。
てんも大切な仲間の登場に安堵の顔を見せます。

その夜、寄席は東京も大阪も燃えてしまった事を風太はてんたちに教えます。
たった一枚真っ黒になった看板を持ってきた風太はてんに頭を下げて、寄席を守れなかったことを謝ります。

てんはそんな風太に「あほ」と言います。
こんなもののために命を張ったのかと叱るてん。
しかし、風太は残った芸人たちの無事が判らず、また大阪に戻り、芸人たちがもしも風鳥亭に戻ってきた時、自分が居たいと言うのです。

みんなでまた笑おうと告げ、風太は再び大阪に戻っていくのでした。

PAGE TOP