わろてんか4話(動画有)「笑いは茶色?」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第1週なう! > わろてんか4話(動画有)「笑いは茶色?」感想

わろてんか4話(動画有)「笑いは茶色?」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想4話)について書いています。 わろてんか3話の動画・感想で、てんは北村藤吉と出会い笑いの色が何色か聞かれます。 その続きとなるわろてんか4話は「笑いは茶色?」になります。



これはてんに笑いの色を聞かれて回答した答えでした。 わろてんかの4話の感想をお伝えする前に、まずは4話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか4話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第4話の感想

わろてんか4話は、急いで家に帰るてんと風太がこそこそ家に入って行く所から始まります。隠れていても儀兵衛には気づかれてしまい、ほこりまみれになった二人は怪しまれます。



慌てて母・しずと祖母・ハツが汚れた着物を直すからとてんと風太を呼び寄せました。てんが藤吉たちの話をしずたちにすると、風太が怪しい奴だったと怒っているのを見て、しずは風太が焼くほど素敵な人だったのかとたずねました。



風太とてんは必死にそれを否定します。てんはしずに笑いの色が何色か知っているか聞くと、風太は笑いに色なんてないとまた少し怒った様子でした。



ハツは「どろぼう芸人」が引っ掛かっているようで、どろぼうには気を付けなさいと注意していると、母・しずが「あかや!」と叫びました。そこからオープニングが始まって、わろてんかのタイトルは赤い文字だったので、正解かと思ってしまいました。



儀兵衛がため息をつきながら仕事をしているのをてんはこっそり見ていると、儀兵衛は振り向きもしないで、てんに手伝いに行けとてんを追い払ってしまいました。 台所では、お客様用のお酒が減っていることで使用人たちとしずが騒いでいます。



風太が疑いをかけられると、思わず紅白饅頭を5つも盗み食いしたことを自分から白状してしまいました。 風太は減っているかどうかは酒瓶にしるしを付けて置けばいいと提案します。



てんは藤吉の質問が気になって、新一に質問します。二人で考え込んでいると、新一はチョコレートと同じ茶色ではないかとひらめきました。



ノートに「茶らける」「茶化す」「お茶目」と書いて、笑いに関することは茶の字が多いと、以前お寺さんの説教で聞いたことがあると説明しながらお茶を飲みました。



「ありがとう」とてんは喜びますが「でもお茶って緑色や」と返して二人で笑っていました。 てんは寄席の話を新一に教えるために、寄席に行ったことを新一に伝えました。



でも、それより藤吉の印象が強かったため、その人の舞台を見てみたいと新一に話しました。てんの子供役の新井美羽ちゃんは笑顔が可愛いです。 夜、儀兵衛は辞書を引きながら薬と外国語の勉強をしています。毎日遅くまで勉強しているのでしょうか。



翌朝、風太が例の酒瓶を確認すると、お酒はやっぱり減っています。 使用人たちは風太がお酒を売ってお小遣い稼ぎをしているのではないかと、疑ったままでした。ハツはねずみでなければ、化け猫ではないのかとみんなを脅かします。



夜、風太とてんは化け猫退治をするために、物陰に隠れて様子を伺っていました。二人が眠り込んでしまっていると、誰かがお酒を飲みに来ました。



てんだけが気づき、様子をうかがっていると、それは父・儀兵衛でした。てんがびっくりして声を出さないように口を押えているところでわろてんか4話はおしまいです。わろてんか5話の動画・感想へ。

PAGE TOP