わろてんか1話(動画有)「笑い禁止!」感想

HOME > わろてんかの動画・感想まとめなう! > わろてんかの動画・感想の第1週なう! > わろてんか1話(動画有)「笑い禁止!」感想

わろてんか1話(動画有)「笑い禁止!」感想

このページは、朝ドラ「わろてんか」の動画感想1話)について書いています。 いよいよ始まった2017年度後期の朝ドラ「わろてんか」。ひよっこの放送中の頃からずっと楽しみにしていました。吉本興業をモチーフにした物語。とても楽しみです。



そんな楽しみなわろてんか1話は「笑い禁止!」になります。これは父・儀兵衛が主人公のてんに告げた禁止令でした。 わろてんかの1話の感想をお伝えする前に、まずは1話の動画を下記からご覧ください。



いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

わろてんか1話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

わろてんか第1話の感想

新しい朝の連続テレビ小説が始まりました。わろてんか1話の始まりは明治35年、赤い着物の女の子が男の子とどこかへ急いで走っています。女の子の藤岡てんは、落語の寄席を見に来ました。



寄席を見ながらみんなが笑っていることに一緒に笑いながらも感心していると、店の人に入りこんだのがばれて逃げ回って大騒ぎになってしまいます。



寄席の舞台を駆け回って逃げていると、自分たちが観客に笑われていることに気づいて、自分も笑ってしまっています。 オープニングの歌は松たか子さんで、明治っぽいアイテムがちりばめられたイラストが動いているかわいいオープニングです。



松たか子さんの歌声は好きなのでなんだかうれしいです。 話は寄席に行く数日前までさかのぼります。てんの家は薬問屋を営む藤岡屋というお店です。てんの父・藤岡儀兵衛はこわもてでブスっとしていますが、まじめで誠実な人のようです。



頑固一徹で付いたあだ名は「ギョロ目の鬼さん」だそうです。使用人たちからは後ろにも目があると恐れられています。一方、てんは何にでも良く笑う笑い上戸です。 家族や使用人たちとご飯を食べていると、食事中に笑いながらしゃべっています。



するとてんは儀兵衛に怒られてしまいます。儀兵衛は、ドイツの薬会社一家を招いてのホームパーティがあることを伝えると、祖母のハツから、てんを一からしつけなおすと宣言されてしまいました。



しかし、てんはハツの指導の突っ込みにも笑ってしまいます。ドイツ人は日本の礼儀を知らないのではないかとてんはぼやきますが、ハツは「相手が礼儀を知っているかは関係ない、こちらが礼を尽くすのが大事」とてんに教えます。



てんの少し年の離れた兄・新一は、てんの笑い上戸が好きと言ってくれます。良く笑うということは人の悲しみにも気づける人だとにっこり笑って、てんに教えます。



そして、ドイツの一家が家にやってきました。 相手のご一家の娘さんとてんは同い年です。大人で話をしていると、ドイツ人男性の頭に蝶が止まって、笑いを必死でこらえていました。



てんを助けようと、丁稚の風太がうしろから蝶を追い払おうとしますが、背が高くて届きません。 てんは儀兵衛に言われてお客さんにお酒を注ごうとした時に、今度は頭の反対側にもう一匹の蝶が止まってしまいます。



ドイツ人の男性の頭が、まるでかわいいリボンをしているようになってしまい、てんはとうとう我慢できなくなり大笑いしてしまいました。 手に持っていたお酒の器を倒して、場は大混乱になってしまい、パーティは台無しになってしまいました。



怒った儀兵衛は「金輪際、笑いは禁止だ」といいながら、てんを蔵に閉じ込めてしまいました。 男の人が旅から笑顔であたりを見渡しているところでお話はおしまいです。



「笑い」とうものがこの物語をどう展開させていくのかこれからが楽しみです。わろてんか1話の動画・感想はおしまい。わろてんか2話の動画・感想へ

PAGE TOP