まんぷく第24話の感想「見つけます」

HOME > まんぷくの感想まとめ! > まんぷくの感想第4週なう! > まんぷく第24話の感想「見つけます」

まんぷく第24話の感想「見つけます」

赤紙が届いた萬平(長谷川博己)でしたが、腹膜炎を起こして寝込んでしまいました。
薬が効かなければ最悪死も覚悟しなくてはならない時代の病気です。


あれだけ萬平に不満を漏らしていた鈴(松坂慶子)も、彼のために近所の神社へお百度参りをしていました。


そんな鈴に「萬平さんの為にありがとう」と福子(安藤サクラ)は言いますが、鈴は「あなたのためよ」と答えて、翌日もお百度参りをすると言います。


翌朝、萬平は目が覚めました。
様子を見に来た医者が言うには萬平は、なんとか山を越えた様です。
村の人々も集まって喜んでくれます。


その夜、様態が落ち着いた萬平の世話をしていた福子は、助かった彼が余り嬉しそうな顔をしていない事を不思議に思い問います。

どうやら萬平は寝ている間に夢を見たらしいのですが、その夢の内容は「目の前の川を渡ろうとして、川向こうにいるお義母さんに止められて帰ってきた」と言うモノでした。

死にそうな人がよく見るという三途の川を渡りそうになった夢ですが、それを止めたのが生きている鈴だったという何ともとんちんかんな夢です。

お礼を言うべきか迷っていて、茫然としていたという萬平に、福子は鈴にその事を言わない様に萬平を止めました。

そりゃあ、死んだ人みたいに夢で扱われたなんて知ったら、やっと萬平を心配してくれた鈴が、怒りだしますよね…。


結局萬平は、赤紙で入隊はしたものの、その日のうちに帰されてしまいました。
鈴のため息が止まりません。
萬平はお国のために自分だけ働けない辛さが身に染みているようです。
福子はそんな萬平に散歩をしないかと誘いました。

畑のあぜ道を歩く萬平に、はとこの八重(竹内都子)夫婦や、魚とりで仲良くなった子供たちが声をかけてくれました。
みんな萬平の病気が治った事を喜んでくれます。

そんな中、米軍の戦闘機が近づいて来て機銃掃射されました。
咄嗟にみんな農機具置き場に身を隠して難を逃れますが、肝の冷えた事でしょう。
無事を確認している中、萬平は一人叫び嘆きます。
自分だけお国のために戦えない事の情けなさを嘆き、後から来た鈴や、心配する福子に謝りながら萬平は悔しさを募らせるのでした。

そんな萬平に福子は「アナタにも何かお国のために出来ることはある」と慰め、悲しみに暮れる萬平を強く慰め励まします。
「大丈夫、私が見つけてあげます」と力ない萬平を福子は支えました。





PAGE TOP