まんぷく第15話の感想「生きて君に逢いたい」

HOME > まんぷくの感想まとめ! > まんぷく3週の感想まとめ > まんぷく第15話の感想「生きて君に逢いたい」

まんぷく第15話の感想「生きて君に逢いたい」

鈴(松坂慶子)は福子(安藤サクラ)から、萬平(長谷川博己)の話を聞かされましたが、憲兵に捕まったような男と福子が結婚をしたいという事実が受け入れがたくショックを受けています。
克子(松下奈緒)に萬平はまともじゃないと訴えます。
しかし福子の友人たちはこぞって萬平を信じようと、鈴を説得して来るので、克子に嘆きました。


恵(橋本マナミ)はみんなで押しかけて鈴に訴えたのは早計だったと、福子に後日謝ります。
福子はみんなが味方してくれたことが嬉しかったらしく、謝らないでほしいと言います。

そんな福子と恵のいるホテルのフロントに世良(桐谷健太)が現れました。
仕事で訪れたようですが、福子に気が付いた世良は、萬平と上手くやっているのかと声を掛けます。
どうやら世良は萬平が今どんな状況か知らないようです

世良はラーメンと一杯二杯一緒に食べた萬平を親友だと嘯いていたくせに、萬平が憲兵に捕まったと知ったとたん、たかがラーメンを一杯食べただけの中だと手のひらを返しました。
それでも福子は萬平を救ってくれる人材が欲しくて、どうにかしてほしいと世良に頼みます。

横流しに世良が関わっているかと思いましたが、彼の態度からそうではないようですね。
しかし手のひら返しが早い人だ。


憲兵たちはなかなか口を割らず、ハンガーストライキをやっている萬平に焦れていました。
とっとと刑に処そうとする隊員に上司は共犯がいたら困ると、早く口を割らせるよう指示します。

けれどご飯を押し付けられても食べず、無実だけを萬平は訴え続けます。


萬平と加地谷(片岡愛之助)の会社・理創工作社に世良が訪ねてきました。
萬平が捕まって苦労しているだろうと、様子を覗いに来た世良に、加地谷は「居なくなってよかった」とさえ言って、会社は萬平が居なくても何とか持ち直した事を加地谷はアピールします。
そんな加地谷の態度に、世良は悪態を取りますが、竹ノ原(宮田佳典)だけが「立花さんは横流しなんかしない」と訴えました。
世良はここにも萬平の味方が一人だけいる事を知ります。


世良はその後福子に萬平を助けるのは難しいと結論を言いに行きました。


忠彦(要潤)の元に真一(大谷亮平)が、以前忠彦が咲(内田有紀)のために描いた桜の絵を持ってきました。
自分は入隊するけれどこの絵は咲の大事な形見だから預かっていてほしいというのです。
そこで福子が萬平のために、鈴とケンカしている事を真一は知らされます。
自分が福子の背中を押したからだと言う真一は、鈴に申し訳ないが、福子に後悔の無いよう生きてほしいと言います。
それに忠彦も克子も同意しました。


福子は鈴に何を言われようと、萬平を信じて、彼が助かる方法が無いか心を痛めていました。


牢獄で萬平は稲村(六平直政)に、「生きて大事な女に会いたければ食べろ」握り飯を差し出されました。

「まずい」と言いながらついに萬平はご飯を口にし、笑いました。


少しずつ味方が姿を現す萬平ですが、果たしてどうやって釈放されるのでしょう。

PAGE TOP