まんぷく第9話の感想「結核」

HOME > まんぷくの感想まとめ! > まんぷく第2週の感想! > まんぷく第9話の感想「結核」

まんぷく第9話の感想「結核」

福子(安藤サクラ)の姉・咲(内田有紀)が血を吐き、入院しました。
家族も咲の夫も心配して医者の説明を聞きますが、咲は結核で症状がかなり進んでいるようです。
治るとは医者が言い切れないと言います。

鈴(松坂慶子)は咲の前では強気な態度で、風邪と結核の違いを見抜けなかった咲を責めてしまいましたが、福子と克子(松下奈緒)の前では弱ったようにはかなんでしまいました。

克子の夫・忠彦(要潤)も心配しているようです。


福子は翌日、仕事を早退したことを、恵(橋本マナミ)に謝ります。
そこへ萬平(長谷川博己)が仕事で姿を現し、福子に次に会える時間を約束しようと近寄ってきました。
しかし福子は咲のことがあるため、約束が出来ません。
恵が気を利かせて、萬平の仕事が終わったすきに、話をしに行く様時間を作ってくれます。
福子はそこで萬平に姉が結核になってしまった話をします。
萬平は親身になって話しを聞いてくれた上、結核に詳しい病院を探してくれると言って去って行きました。
今福子が何を大事にしたいのか、すぐさま理解して動いてくれる萬平。
とても頼りになりますね。
その姿を見ていた缶詰男の野呂(藤山扇治郎)くんは何を思うんでしょう。


鈴は咲の様態に気付かなかったと、夫の真一(大谷亮平)に怒りを向けているようです。
自分の娘たちは男運が無さすぎると、福子の見合いを進めようとします。
もちろん福子は、咲のことが気になって見合いどころではありません。
鈴に萬平とも会うなと言われてしまいますが、「逢いません、今は」とぴしゃりと返していました。

口げんかの絶えない鈴と福子の元に、以前咲に交際を申し込んだ牧善之介(浜野謙太)が訪ねてきました。
結核によく効く漢方薬を持ってきてくれました。

牧のおかげで喧嘩も途中で止まった鈴たちは、後日先にその薬を持って行きますが、看護師に薬を飲ませることを止められました。
一応なんでも薬を飲ませるというのは許されませんからね。

特にこの頃、東洋医学と漢方医学って相容れないものっぽくて、難しいのかもしれません。


咲の病状は一進一退が続きました。
家族みんな、結核が簡単には治らない事を実感し始めていました。
そこへ萬平が福子を訪ねてやってきました。
結核の専門病院を見つけたと、病院の情報を持ってきてくれたのです。
そんな風に気遣ってやってきた萬平に、鈴はもう福子と会わないでくれと申し出ます。
しかし萬平はそれを断り、咲の具合がよくなったら福子に結婚を申し込むと宣言して、去って行くのでした。

背を曲げず、堂々と去って行く萬平の背中を、福子はどんな思いで見つめていたのでしょう。

PAGE TOP