ひよっこ151話(動画有)「名前をパン子にしてください。」感想

HOME > ひよっこの動画・感想まとめなう! > ひよっこの動画・感想の第26週なう! > ひよっこ151話(動画有)「名前をパン子にしてください。」感想

ひよっこ151話(動画有)「名前をパン子にしてください。」感想

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の動画感想151話)について書いています。ひよっこ150話の動画・感想で、愛子と省吾のカップルが誕生しました。その続きとなるひよっこ151話は「名前をパン子にしてください。」になります。



これは、三男がさおりが言った言葉になります。ひよっこの151話の感想をお伝えする前に、まずは151話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

ひよっこ151話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

ひよっこ第151話の感想

ひよっこ151話は、秀さんと完治の新メニューの試験から始まります。鈴子とシェフとみね子が出された料理を試食します。メニューはスコッチドエッグで、卵が半熟でおいしそうでした。



パン粉に何かを入れる案は完治が思いつき、秀さんがアーモンドスライスを入れました。香ばしくておいしそうです。みね子と鈴子はニコニコしながらおいしいと食べていました。



シェフは難しい顔をしていましたが、にっこり笑って「うまいじゃないか」と感想を言います。新メニューは合格して、みね子が略称を「エッグ」に決めました。今度はみね子の制服の発表です。淡めのグリーンでさわやかな制服になりました。



制服はみんなに好評で、秀さんもみね子に良く似合うと言ってくれました。どこかで見たことがあるとみんなが言うと、みね子がそれをクイズにします。薬局のマスコット「イチコ」をイメージしたようです。



三男が働く米屋では、さおりが三男に何か言いたそうにしています。とにかく告白の返事を聞きたい様子です。さおりはぐいぐい返事を聞きますが、三男が何かいいかけると、さおりが遮り「返事は聞きたくない」と言い出します。



断られるのが怖くて、もう返事はいいとあきらめモードになっていると、三男がさおりの両腕をつかんで話を聞いてもらおうとします。するとさおりはなぜか三男にキスしてしまいます。



「このタイミングでなんで?」と三男が戸惑っていると、「断られたらこうゆうのはもうないかなと思って」といい「ごちそうさまでした~」と軽く流そうとします。結局三男の答えは、さおりを受け入れてお付き合いをOKの返事をだしました。



断られると思いこんでいたさおりは、心底びっくりしたようです。外出から帰ってきた米屋の主人もつい陰から聞いています。三男はさおりの事をかわいいし、面白いと、自分はかわいくないと卑屈になっていたさおりに伝えます。



次に何を言い出すのか分からなくて、振り回されるのが楽しくなってきたと笑って伝えました。「恋人になりませんか?」と三男の方から改めて申し込みます。そして一つ約束を提案します。



「将来一緒になるとして、家族の仲が悪いのは絶対に嫌だ」と、店主とも仲良くすることをさおりにお願いしたようです。さおりが了承すると、感極まって店主とさおりが三男に抱き着こうとします。



しかしなぜか店主とさおりが抱き合う形になってしまいました。さおりががっくりしていると、今度は二人にお願いをします。



三男は「いいか米子!」と本名で呼びかけて「どうしてもパン屋をやりたかったら名前をパン子にしてください。」まじめな話かと思っていたさおりは笑っていましたが、その後は想いがかなって泣きだしてしまいました。



低い声でさおりが泣いているところでひよっこ151話の動画・感想はおしまいです。さおりの恋が成就して本当に良かったです。ひよっこ152話の動画・感想へ。

 

関連記事

ひよっこ152話(動画有)「ミネっこ」感想

ひよっこ150話(動画有)「二番で良いです」感想

PAGE TOP