ひよっこ143話(動画有)「まだかなぁ」感想

HOME > ひよっこの動画・感想まとめなう! > ひよっこの動画・感想の第24週なう! > ひよっこ143話(動画有)「まだかなぁ」感想

ひよっこ143話(動画有)「まだかなぁ」感想

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の動画感想143話)について書いています。ひよっこ142話の動画・感想で、ツイッギーそっくりコンテストで時子が優勝をしあかね荘から旅立っていきました。



その続きとなるひよっこ143話は「まだかなぁ」になります。これは、さおりが三男に対して迫っていったときのセリフになります。



ひよっこの143話の感想をお伝えする前に、まずは143話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

ひよっこ143話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

ひよっこ第143話の感想

ひよっこ143話は、時子の優勝から10日後、ツイッギーが来日で赤坂の町が盛り上がっているところから始まります。にぎやかな通りを眺めながら、鈴子がみね子に「時子ちゃんはどうしているかしらね」と笑いながら話しています。



奥茨城の時子の実家では、時子の母・君子が時子の記事のスクラップを嬉しそうに眺めています。時子が優勝できたのも、自分のおかげだといい、勝手にコンテストに応募したことがすっかり正当化されているようでした。



そこへ突然、時子が帰宅します。仕事の合間に寄ったようで、あまり長く居られないと断りを入れます。そして時子は家族に謝りに来たと伝えます。これからは仕事で、芸名を使うようで、両親に付けてもらった名前を名乗らないことについて謝ります。



この時代では作家さんのペンネームとかもあまり普通ではない感覚だったのでしょうか。しかし、時子の親にもらった名前に敬意を払っているところには、これからの子供たちにも伝わってほしい気持ちだと思いました。



米屋では、さおりが期待に満ちた目で「まだかなぁ」と三男になにか催促しています。相変わらず態度があいまいな三男にしびれを切らしたのか、付き合う気があるのかないのかと詰め寄ります。



確かに気持ちが全くないなら、はっきり振ってくれないのは酷ですよね。さおりは「女は永遠には待てないよ?」と言い捨てて立ち去ります。みね子がすずふり亭で留守番中に、秀さんが料理の資料を抱えて入ってきます。



みね子も制服のデザインを考えて資料を広げているので、二人で夏休みの補習みたいだと笑っています。みね子は秀さんにどういう服がいいか聞きます。ノートにみね子が描いた絵を見せて選ばせます。



服装を絵で表現するのはなんだか難しそうですが、みね子は絵がとても上手です。秀さんは新しいメニューについて、原価や食材やお店に合っているかなど、一生懸命定番メニュー目指して考えているようです。



仕事中に使う新メニューの略称をみね子が決めたいとつぶやくと、秀さんは笑ってみね子にお願いします。さらに秀さんは、休みの日にレストランに行くことにしていると話、みね子にも時々食事に付き合ってくれないかとお願いします。



完全にデートのお誘いでかわいらしいですが、みね子は分かっているのでしょうか。みね子が少し構えた様子なので、秀さんは「嫌なら…」と誘いを引っ込めようとしますが、みね子はぜひ連れてってくださいとウキウキしていました。



そんなやり取りをしているとすずふり亭のドアがノックされます。みね子が応じてドアを開け、立っている人を見て驚くところでひよっこ143話の動画・感想はおしまいです。ひよっこ144話の動画・感想へ

 

関連記事

ひよっこ144話(動画有)「早苗の提案」感想

ひよっこ142話(動画有)「ずーっと応援してるから」感想

PAGE TOP