ひよっこ122話(動画有)「地味ですみません。」感想

HOME > ひよっこの動画・感想まとめなう! > ひよっこの動画・感想の第21週なう! > ひよっこ122話(動画有)「地味ですみません。」感想

ひよっこ122話(動画有)「地味ですみません。」感想

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の動画感想122話)について書いています。ひよっこ121話の動画・感想で、漫画家の二人がいなくなって部屋にいた女性陣たち。



そこで、みね子は自分を描いている漫画に気づきます。その続きとなるひよっこ122話は「地味ですみません。」になります。みね子が編集者に言われたという「地味」に対しての言葉です。



ひよっこの122話の感想をお伝えする前に、まずは122話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

ひよっこ122話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

ひよっこ第122話の感想

ひよっこ122話は、みね子が漫画家志望二人の描いた、自分の恋愛話ネタにした漫画を見つけてしまい、ほかの女性陣に知っていたのかを確認するところから始まります。みんなが知っていたことになぜ教えてくれないのか怒ってしまいます。



早苗が「知らない方がいいんじゃないかと思って」と言い訳しても「なんで!?」と怒ります。時子はみね子の恋が終わった後に知ったので、言えなかったようです。



しかし、愛子さんは知っていたようで、自分の絵をきれいに描くように指導までしていたのをみね子は見逃さずに指摘します。



早苗はきまずい状態から話をそらすように、漫画家志望二人が楽しくやっていたのに何でいなくなってしまったのかと言うと、みね子は自分のせいではないかと言いだします。



自分が詰まらないから、嫌になっちゃったのではないかと言い出して「それは考えすぎでは?」と早苗が返します。そこで、漫画家志望二人が歌を歌いながら夜道を歩いて帰ってきました。



裏庭にいたヤスハルに挨拶して、ギターを見つけて伴奏をお願いし、元気に歌を歌いだします。その声を聞いて、女性陣が裏庭を見に行きます。歌い続けようとしているところへ、みね子たちが階段を下りてきて、心配していたことを伝えます。



みね子が半分怒ったように「大丈夫、だったんですか?」と質問すると、二人は工事現場で三日間働いていたことを笑いながら報告します。しかし、「だったらそう言っていきなさい。心配するでしょうが!」と大家さんが怒ります。



怒られた二人は心配されたことが意外だったようで、泣きだします。そして、いつもいただくばっかりで、とみんなにタコ焼きを買ってきていました。



漫画家志望の部屋でタコ焼きをみんなで食べていると、みね子が「もういい話の雰囲気は終わりましたか?」と切り出して、例の漫画をテーブルに出してきます。それを見た瞬間、漫画家志望二人は土下座して謝ります。



「私なんかでいいんですか?」とみね子は漫画にされたことについてもう怒っていないようでした。しかし、少し複雑ではあるようです。



漫画家志望二人が編集者はなかなか面白いと言っていたことを伝えると、みね子は少し安心しましたが、ここのところ中だるみで地味なので、盛り上がりに欠けから、そろそろ新しい恋をした方がいいと余計なことを付け加えます。



余計なお世話だとみね子が憤慨していると、早苗と時子も「人の人生に中だるみとはずいぶん失礼な話だ」と同調します。みね子が「地味ですみません。」と怒って言った後、しばらくしてから笑いだしがので、みんなが少し和やかになります。



そこで、早苗が先ほど裏庭で歌っていた歌を「『わ』を『ば』に変えて歌ってみろ、お前たちの歌になるぞ」と教えると「若さゆえ」を「ばかさゆえ」に変えて楽しそうに歌いだします。



そんな騒ぎの中、途中で話の途切れた原稿をめくりながら、みね子は眺めていました。場面は昼間の裏庭に変わり、コックの秀さんとたまねぎを剥きながら、みね子は自分が何にもない地味な人間なのかと愚痴をこぼします。



しかし、秀さんはさらっとそれを流して、みね子のお父さんが見つかったので、奥茨城に帰るのか質問します。



みね子が分からないと答えると、とても真剣に「すずふり亭を辞めるなよ」と言い、みね子が少しびっくりしているところでひよっこ122話の動画・感想はおしまいです。ひよっこ123話の動画・感想へ

 

関連記事

ひよっこ123話(動画有)「流行のミニスカート」感想

ひよっこ121話(動画有)「なんだこれ」感想

PAGE TOP