ひよっこ103話(動画有)「ただいま」感想

HOME > ひよっこの動画・感想まとめなう! > ひよっこの動画・感想の第18週なう! > ひよっこ103話(動画有)「ただいま」感想

ひよっこ103話(動画有)「ただいま」感想

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の動画感想103話)について書いています。ひよっこ102話の動画・感想で、みね子に川本世津子が会わせた人物は実でした。その続きとなるひよっこ103話は「ただいま」になります。



これは、実が世津子のもとに帰ってきたからです。ひよっこの103話の感想をお伝えする前に、まずは103話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

ひよっこ103話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

ひよっこ第103話の感想

ひよっこ103話は、雨の中を泣きながら世津子さんの家から飛び出して、泣いているみね子を記憶喪失になった父・実が傘に入れるところから始まります。本当に自分の事を覚えていないのかを改めて実に聞きますが、実の答えは変わりません。



みね子が俯いていると、実は失踪直後の話を始めます。実とみね子が佇んでいるすぐそばのベンチを指さして、実はそこのベンチに座っていたと教えます。



記憶がないままさまよって、そこに行きついて疲れてしまって長い間そこに座っていると、世津子さんが心配して雨の中勇気を出して声をかけてきました。世津子さんのお気に入りのベンチだといい、実に傘を渡して立ち去ります。



そのまま傘をさしてベンチに座り続けていると、夜に世津子さんが再び現れます。世津子さんは、女優である自分の事を知らないか聞くと実は首を振ります。



「なんかおもしろい」と笑い、実の手の怪我に気が付いて、半分強引に世津子さんの家に連れて行きます。手当をしようと、世津子さんが触ろうとすると実は怯えて身構えます。



怖いのはこっちの方だといいながら、自分の仕事の話などをして声をかけていると、やっと実は口を開き始めました。


実が「自分が誰だか分からない」と世津子さんに言うと、病院と警察に行こうと勧められますが、実は自分が人を傷つけたり殺してしまったりしたのではないかと不安だったようで、どちらも行きたくないと断ったそうです。



それを聞いたみね子は自分が知っている、実が失踪当時の話を教えます。ひったくりに合い、ひったくり犯に追いすがって「『これは家族に送るお金なんだ』と何度もいったらしい」と教えます。



実は「私はどんな人だったのでしょうか」とみね子に質問します。みね子は実が住んでいる場所から説明を始めました。部屋の中から、窓の外を眺めながら少し落ち込んだ様子の世津子さんは、実が家にいるようになった頃を思い出していました。



自分の家に「ただいま」と誰かに言って帰ってくる生活がもう終わるのではないか、世津子さんは実がいなくなることが怖かったのかもしれません。そこへ実が「ただいま」と世津子さんの家に戻って来ます。



みね子は渡された世津子さんの電話番号を眺めながら帰ろうとするところでひよっこ103話の動画・感想はおしまいです。ひよっこ104話の動画・感想へつづく。

 

関連記事

ひよっこ104話(動画有)「お父さんが見つかりました」感想

ひよっこ102話(動画有)「みね子だよ」感想

PAGE TOP