ひよっこ73話(動画有)「実の失踪した日」感想!

HOME > ひよっこの動画・感想まとめなう! > ひよっこの動画・感想の第13週なう! > ひよっこ73話(動画有)「実の失踪した日」感想!

ひよっこ73話(動画有)「実の失踪した日」感想!

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の動画感想73話)について書いています。 ひよっこ72話で、省吾(佐々木蔵之介)の娘・由香についての想いをみね子は聞きました。



その続きとなるひよっこ73話は「実の失踪した日」になります。これは、実がいなくなった日のことを綿引が教えに来てくれたのでこのタイトルにしました。



ひよっこの73話の感想をお伝えする前に、まずは73話の動画を下記からご覧ください。いろいろ試してんけど、何度もウイルスにかかったので、最も安心のサイトをご紹介しています。

ひよっこ73話の動画(再放送)はコチラ



こちらの方については、公式のサイトになりますので安心安全な動画を見ることが可能です。ウイルスが心配でインターネットの動画は見れないというあなたは活用してみてくださいね。

 

ひよっこ第73話の感想

ひよっこ73話は、妹のちよ子がみね子に買ってもらった鞄を嬉しそうに眺めているところから始まります。中学校へ進学したちよ子の制服はみね子のおさがり、それでも嬉しそうに着て学校へ出かけて行きます。



みね子は、ちよ子から鞄のお礼の手紙をもらって元気がでて、仕事を頑張ろうと改めて思い、おとうさんも同じ気持ちだったのではと想像します。 場面は変わり、元警察官の綿引正義が焦った様子で東京の街を猛ダッシュしています。



綿引さんは、警官時代に赤坂の交番に勤務していて、みね子のお父さんを親身になって探してくれていた人です。 警官を辞めて実家の茨城に帰っていたはずなのですが、突然すずふり亭にやってきます。



綿引さんの話は、赤坂署でひったくり犯の自供内容の一つに、仕事帰りの出稼ぎの人を襲ったことから始まります。



その出稼ぎの人は、家に送金する日にひったくりに合い、お金を取られまいと食い下がったところ、頭を殴られてしまったようです。



それがどうやらお父さんらしいという情報でした。 犯人は後で怖くなって様子を見に戻ったが、実さんはそこにいなかった。その後に病院や行き倒れで実さんらしき人に該当しそうな人は見つからなかった。



そこまで説明して、綿引さんは「ごめん。いい知らせでは無くて」と謝ります。 むしろ、茨城からわざわざ出てきてくれた綿引さんを気遣うみね子に「お父さんは『これは家族のためのお金なんだ。



返してくれ!』と何度も言ったんだ。出稼ぎが嫌になって家族を放り出したわけではなかった。」とみね子を励まします。 帰ろうとする綿引さんを料理長が10分待ってくれと言って、帰りの電車で食べられるものを作ってくれます。



恐縮する綿引さんに「うちの娘がお世話になってるんだから」と言い切り厨房へ消えて行きます。 それを手伝わせてくれとお願いするみね子は複雑な気持ちを押し込み、力を尽くしてくれた綿引さんへ自分も何かしたいと思ったのでしょうか。



鈴子も「東京の家族としてお礼を言います」と綿引さんにお礼を言います。 そして、「美代子さんにお伝えください。みね子は頑張っているのでご安心くださいと」と伝言をお願いします。



その後も、沈みがちなみね子の仕事がようやく終わり、あかね荘ではキッチンでは、みね子以外の人たちが料理中でした。 帰ってきたみね子に声をかけても、沈んだ様子で会釈だけして通り過ぎるみね子にみんなが心配そうにしています。



そこへちょうど実家から電話がかかってきます。 綿引さんから事情を聞いたおかあさんはみね子を心配します。母の言葉にとうとう泣き出してしまうみね子は「怖かっただろうね。痛かっただろうね。」とまだ生存すら分からない父親を心配しています。



そんなみね子を励ましますが、「どこさ行っちゃったんだろうね。おとうちゃん」とぽつんいいます。それをあかね荘の全員が心配そうにみね子を見つめるところで今回のお話はおしまいでした。ひよっこ74話の動画・感想につづく。

 

関連記事

ひよっこ74話(動画有)「可哀想な女の子と思われたくない」感想!

ひよっこ72話(動画有)「戦後失ったもの」感想!

PAGE TOP